Lifewave ライフウェーブ ライフウェイブ パッチ 修復と癒しを促進する

小腸のエネルギーが不十分な場合(主に十二指腸)、疲労や苦労からの回復が非常に遅く不十分になるため、治癒が遅くなることが臨床的に観察されています。一言で言うと、精神的にも肉体的にもバイタリティーが不足するという意味です。

ただし、朗報があります。小腸の調子を整え、これらの障害を即座に修正できるツボがあります。

このツボが本当に効くかどうか試してみましょう。

ENERGY ENHANCERをSI3に貼る。(白を右に、茶色を左に)

イオンをGV14に貼る。

これだけです。

お勧め – ツボ押し

SI3のツボを押して何かを感じるか試してみてください。これは私がパッチを貼る前に必ず行なっていることです。ツボを押して感じを確かめることは、その箇所で何が起こっているかを確かめるのに良いことです。押した時にかすかに痛みを感じることもあるでしょう。痛みを感じるということはその箇所につまりがあるということです。

内面の癒し

もう一つ有力なツボをご紹介します。

胆嚢チャンネルGB39のツボは、骨縫合、創傷の治癒、粘液膜または粘膜の問題(体内のさまざまな空洞を裏打ちし、内臓の表面を覆う膜)の半分以上の時間を短縮することに貢献する可能性があります )。

GB39はまた、敗血症の有効性を高めるのに役立ち、まだ破裂していない膿瘍を解決します。

白血球の働きを活性化する力もあります。

それに加えて、GB39は生体エネルギーの容量と数量を増やすとされています。

私たちはいかにGB39を刺激し、私たちの体がその刺激に対してどのように反応するか学ぶ必要があります。

どのようにしてGB39を刺激すれば良いか?

まずはSI3とGV14のコンビネーションを試してみてください。

それから、以下の貼り方を試してみてください。

ENERGY ENHANCERをGB39に貼る。(白を右に、茶色を左に)

カルノシンを右足のGB39に貼る。

SP6 COMPLETEを左足のGB39に貼る。

脳の活性化上級編(バリエーション3)

2つのツボH7とK3を使用して、2000年にテストが行われました。 被験者は、適応力、記憶力および注意力のレベル、ならびに口頭/書面による文章が測定されました。

テストの終わりまでに、すべての被験者は、言語指向と運動調整機能に置いて行われた測定で明らかな改善を示しました。

この脳の活性化上級編は他の人とのスムーズなコミュニケーションが必要な時に行うと良いです。

1日目

ENERGY ENHANCER白をH7右側に貼る。

ENERGY ENHANCER茶色をK3左側に貼る。

 

イオンをGV14(首を前に倒した時に首の後ろに出っ張っている骨の下)に貼る。

グルタチオンをK3右側に貼る。

カルノシンをCV17に貼る。

2日目

ENERGY ENHANCER白をK3(右側)に貼る。

ENERGY ENHANCER茶色をH7(左側)に貼る。

イオンをCV14に貼る。

グルタチオンをH7(右側)に貼る。

カルノシンをGV14に貼る。

この貼り方でいつ貼るか

これは、社会的活動において重要な場面に最適な脳の活性化上級編パッチ手法です。例えば、重要な試験、プレゼンテーション、 ビジネスディスカッション、または職場、学校、大学での活動に最適です。

高い精神的活動が必要な時にこのパッチ手法を使ってみてください。

脳の活性化上級編(バリエーション2)

ENERGY ENHANCER白を第6チャクラ(眉と眉の間)に貼る。

ENERGY ENHANCER茶色をLV3(左足)に貼る。

イオンをGV14に貼る。

グルタチオンをLV3(右足)に貼る。

カルノシンをCV17に貼る。

私がいつこの貼り方を使うか

私はこの貼り方を集中力を欠いている時に使います。また、なぜかイライラして落ち着かない時、気持ちがネガティブになる時にも使います。

トータルで何時間パッチを貼ったか、数えていてください。同じ種類のパッチはトータルで24時間貼ることができます。

1日に数時間しかパッチを貼らない場合、トータルで24時間になるまで、数日間同じ種類のパッチを貼ることができます。

脳の活性化上級編(バリエーション1)

心のバランスが取れていて、健康的であれば、思考がクリアになります。 しかし、心のバランスが崩れていたり、不健康であったりすると、混乱、記憶力の低下し、思考が曇ります。

集中力を欠いているなと思う時、記憶力が鈍っている時、思考が不明瞭な時、この脳の活性化上級編をお試しください。

心の不調和は、多くの場合、不安、不眠症、混乱した思考、物忘れ、さらには慢性的な落ち着きのなさとして現れます。正しいパッチの組み合わせを正しいツボに貼れば、これらの症状を消すことができます。

ENERGY ENHANCER白を第6チャクラ(眉と眉の間)に貼る。

ENERGY ENHANCER茶色をこめかみ(左側)に貼る。

イオンをGV14に貼る。

グルタチオンをH7(右側)に貼る。

脳の活性化(基本)

2010年に私は非常に難しい決定を下しました。私は、東南アジアに拠点を置く多国籍企業のゼネラルマネージャーとしての会社の地位を完全に独立するために辞任しました。

同じ年に、私の最初の子供が生まれました。 そのため、そのライフスタイルを「大変更」にするという圧倒的なプレッシャーを受けていまし。当時午前4時から午前7時(赤ちゃんが眠っていたとき)必死に勉強していました。

私には勉強に使える時間がほとんどありませんでした。読みなければならない本、書かなければならない書類が山程ありました。

当時最高のパフォーマンスを要求されていました。私は失敗することが許されなかったのです。

私は実際に自分の決断に非常に満足していましたが、請求書を支払わなければならず、私と私の家族のために新しい生活を「編み出」していました。

精神的にはもちろん、最高のパフォーマンスを発揮する必要がありました。

毎日毎日のこの早朝3時間の努力の結果生まれたのが、テストしたこれらのさまざまな手法であり、これから公開する予定のすべての手法です。

早朝3時間の勉強の日々を2年間続けました。その結果生まれたのが、このパッチング手法です。

今も私の生活スタイルはそれ程変わっていません。早朝4時から7時に読書や書類作成はしていませんが、今でも勉強は毎日していますし、新しい手法の開発も行なっています。

これが私が試して最も効果があった脳の活性化の基本手法です。

イオンを第6チャクラ(眉と眉の間)に貼る。

これだけです。

この手法は既にアイディアやコンセプトがあり、それらを発展させたいときにとても効果がある手法です。

イオンをグルタチオン、カルノシンに変えて試してみてもいいです。

 

トータルで何時間パッチを貼ったか、数えていてください。同じ種類のパッチはトータルで24時間貼ることができます。

1日に数時間しかパッチを貼らない場合、トータルで24時間になるまで、数日間同じ種類のパッチを貼ることができます。

 

Lifewave ライフウェーブ のパッチのご購入: https://ayakablog.base.shop/